So-net無料ブログ作成
ベタ基礎 ブログトップ

ベタ基礎とシロアリ [ベタ基礎]


皆さん、こんにちは。

最近、わりと真面目に更新しています。
そのわけは、ずばり!暇だから(笑)

でも、私達が暇ということは悪いことではないですよね。
シロアリ被害なんてないほうがいいですから。
私の経済生活上は困りますけど(笑)

暇なので先日やっとわが町の商工会用のホームページを
作りました。といっても商工業者用の各記事ですが。
http://www.shokokai.or.jp/15/153611S0007/index.htm

商工会から「せっかく作ったのに利用してくださいよ」と
言われていたのです。でも、本音を言うとほとんど誰も見
てくれないだろうな。大した情報量も載せられないしね。

そこで探した写真を使って少し詳しくブログに載せようか
なと思いました。特に「ベタ基礎とシロアリ」についての
シロアリ屋的な見方を書いてみます。少しでも参考になっ
たら幸いです。

004k.jpg
(蟻道の中のシロアリのアップです)

まず、一般的には床下が「土」でなくて「コンクリート」
ならシロアリ被害は起こらないはず・・と想像してしまい
ますよね。無理もないと思います。

でもね、それじゃあ、以下の写真を見てくださいね。

RIMG0151.jpg

2010,11,11, 018.jpg

119 (2).jpg

087.jpg

039.jpg

030.jpg

008.jpg

007.jpg

096.jpg

103.jpg 098.jpg

094.jpg RIMG9664 (2).jpg
(右の写真は蟻道を壊したら出てきたシロアリの行列です)

ね、床下面がコンクリートなのに立派に蟻道が作られて
いますね。これはなぜでしょう?

賢明な方ならよーく写真を見れば分かったと思います。
そう、答えはベタ基礎の2回打ちだからです。
1回打ちならまず亀裂は起こりません。

2回打ちだとどうしても微小な隙間が起こりやすいんです。
で、その隙間からシロアリが登ってきやすいのです。

だから、もしこれから家を建てようと計画されてベタ基礎
にしようと思われているなら、工務店に・・
「ベタ基礎は2回打ちですか?1回打ちですか?」と確認
しましょうね。そして2回打ちなら断りましょう。
シロアリ屋的には絶対に1回打ちにすべきです。

基礎屋さんによっては1回打ちにするための器材を持って
いない業者もいますからそういう業者は避けたほうが無難
です。これは必須というか重要なポイントと思っています。

じゃあ、1回打ちなら100%シロアリは防げるのかというと、
残念ながらこれもNOなんです。というのは基礎の隙間以外
にもほかにたくさんの隙間があるからです。

具体的には給排水管の隙間とか、玄関付近とか、化粧モル
タルの剥離した隙間とか、温水パイプの断熱材の中とか・・
想像を超えたところから侵入する場合もあります。

2010,5,30,横山土地 021 (2).jpg
(前にも紹介した写真です。温水パイプの断熱材から侵入した事例)

002k.jpg
(これも前に紹介しました。犬走りと基礎の隙間から
 侵入した事例)

でも、相対的には2回打ちよりは1回打ちのほうが侵入され
にくいことは確かです。それなら少しでもシロアリ侵入の
確率が低いほうがいいですよね。

えーと、じゃあ「想像を超えたところ」の具体的な被害事例
写真を紹介したいけど膨大な溜まった工事写真からピック
アップするのは時間がかかるので・・・う~ん、あと玄関の
被害事例も紹介したいけど・・毎回、一件の工事で100枚
くらいは撮るので収集がつかない・・と言い訳。

(それから、ほんというと個人的にはベタ基礎は好きでは
ないですが、時代の趨勢が圧倒的にベタ基礎ですから仕方
ないというかなんというか・・です(笑))

えーと今回のまとめは・・
ベタ基礎にするならは2回打ちはダメ。必ず1回打ちにしま
しょう!・・でした。

最後までお付き合いいただいて感謝します。
(窓から外を見て・・また、雪が降ってきたなぁ・・
うう~ん、やっと玄関前を除雪したのに・・しつっこい雪め
・・なるようになれ・・ぶつぶつ)


どうか皆様にいいことがありますように。
そして生きとし生けるものが幸せでありますように。




ジョーク

飛行機墜落現場で、たった一人だけの生存者が木に背を
もたれて座っている。骨をしゃぶっていた。その骨を、
骨の山積みにポンと投げたところで、救助隊が向って
くるのに気が付いた。 
「天に感謝!」と安堵で大声を出した。。。。。
「私は助かったのだ!」


到着した救助隊は茫然。この一人だけの生存者の傍にある
人間の骨の山を見てショックを受けたのだ。 
彼が同じ受難者を食べてしまったのは明らかであった。 
救助隊の表情に恐怖を見て取った生存者は恥ずかしさの
余りに首をうなだれる。 
「これを見て判断するのはよくないよ」と主張し始める。 
「私だって生き延びなければならなかったのだ。生きたい
  ということがそんなに悪いことかい?」


救助隊のリーダーが前に進み出て、信じられないとばかりに
首を横に振る。 
「生き残るために必要なことをする、それについて審判する
  つもりはないよ。しかし、驚いたね、おっさん、飛行機は
  昨日墜落したばかりだぜ!」


nice!(27)  コメント(2) 
ベタ基礎 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。